臭いの正体

人には、大きく分けて「エクリン腺」と「アポクリン腺」の二つの汗腺が存在している。
エクリン腺とは、寝ているときや運動しているとき、暑いと感じたときなど、日常生活を送る中で無意識にかいてしまう汗が出てくる汗腺を指す。
水分が主成分となっているため臭いはほとんどなく、無色透明となっている。
しかし、多汗症の方など大量の汗をかいてしまった場合には、酸っぱいような臭いが感じられることもある。
ただし、それはワキガの原因になってしまうような臭いではなく、ワキガとは全く無関係の臭いとなっている。

ワキガの原因とは、アポクリン腺から出てくる汗が原因となっている。
アポクリン腺から出てくる汗には、アンモニアやタンパク質、脂質や鉄分、色素リポフスチンなどの成分が含まれており、それが皮膚に付着している細菌と混ざってしまうことにより独特な異臭を放ってしまうのだ。

独特な異臭を放つ原因となるアポクリン腺の数は、美容整形外科で治療を受けることで減らすことができる。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年6月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930