発達している箇所

多汗症とは、エクリン腺、アポクリン腺関係なく、全ての汗腺から大量の汗をかいてしまうので、脇の下だけに限らず頭や足の裏、手など、全身に汗をかいてしまう。
しかし、ワキガの臭いを発するアポクリン腺とは、全身に分布しているのではなく、ある特定の箇所にしか分布していない汗腺でもあるのだ。
しかも、その分布されている箇所のアポクリン腺が、必ずしも発達しているとは限らない。
アポクリン腺が発達している人に限り、ワキガの症状を引き起こしてしまう可能性があるのだ。

アポクリン腺が分布しており、発達しやすい箇所として、脇の下があげられる。
脇の下以外にも、アポクリン腺が発達しやすい場所としては、乳首、耳の中、性器や肛門周辺などがあげられる。
耳の中や性器、肛門周辺は困難ではあるが、脇の下や乳首のアポクリン腺は、美容整形外科で治療を受けることにより減らすことができる。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31