効果的な治療法

看護師

多汗症やワキガの効果的な治療法として、美容整形外科での治療があげられる。

美容整形外科で受けられる治療法として、ミラドライと剪除法があげられる。
ミラドライとは、最先端技術を用いたワキガ治療のことを指し、メスを用いない治療法となっている。
メスを用いず切開しないため、傷跡が残る心配もなく、直ぐに帰宅することが可能な治療法でもある。
剪除法とは、メスを用いて切開し、アポクリン腺を取り除く治療法となっているので、術後はしばらくの間安静が求められる治療法となっている。
しかし、保険が適用されるためローコストで受けることができ、費用を抑えたい方には適した治療法でもある。

過度なアルコール摂取

汗をかいた女性

美容整形外科で簡単に治療できる多汗症やワキガの症状ではあるが、それらの症状を引き起こしてしまう原因の一つに、「過度なアルコール摂取」があげられる。
アルコールを摂取すると、体温があがり、血行が促進される。
血行が促進すると、エクリン腺やアポクリン腺の働きも活発となり、汗をかいてしまうのだ。

アルコール摂取を控えるのも、多汗症やワキガの症状を防ぐ方法の一つとなる。

ストレス

汗を拭く女性

ワキガの原因には、「過度なストレス」もあげられる。
ストレスを感じると、汗をかいてしまう。
多汗症の場合、その汗の量はかなりの量となってしまう。
汗をかいてしまうと、エクリン腺を活性化させるのはもちろんのこと、アポクリン腺が発達している人はアポクリン腺の働きも活性化させてしまうことにも繋がり、ワキガの臭いを発してしまうのだ。

美容整形外科で治療を受けるのも効果的であるが、日頃からストレスを感じない生活をするのも重要である。

食生活の影響

若い医師

美容整形外科でいくらでも治療することができる多汗症やワキガの症状ではあるが、ワキガに関しては、食生活を改善することで防ぐことができる。
欧米諸国の人々は、約8割以上の人がワキガ体質となっている。
その理由は、動物性脂質を多く摂取する肉食中心の生活が大きく影響しているのだ。
ワキガの原因となるアポクリン腺からは、脂質やタンパク質が多く排出される。
肉料理には脂質やタンパク質が多く含まれているため、アポクリン腺の働きを活発にしてしまい、それによりワキガの臭いを発しやすくしてしまうのだ。

それにより、肉食中心の生活から菜食中心の生活にシフトするだけでも、ワキガの症状を抑えることはできる。

大きな要因は遺伝

女医

多汗症は、アポクリン腺だけでなくエクリン腺の影響も大きいので、遺伝は特に関係ない。
しかしワキガに関しては、エクリン腺は関係なくアポクリン腺が主な原因となっているため、遺伝が大きく影響するのだ。

何故「遺伝」が大きく影響するのかというと、実はアポクリン腺とは、生まれつき数が決まっている。
成長に合わせて増えたり減ったりすることはなく、その数は遺伝によって大きく左右されるのだ。
それにより、ワキガ体質であるかどうかというのは、遺伝が大きく関わっている。
片方の親がワキガ体質である場合、その子供には、約5割の確率で遺伝し、両親がワキガ体質である場合には、約8割の確率でその子供にも遺伝する。

しかし、いくら遺伝したところで、アポクリン腺の数は美容整形外科で治療を受けることによって減らすことができるので、いくらでもワキガの症状は予防、改善することができる。

カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930